Welcome to my homepage

CATEGORY NAME

サンプルバナー


注文住宅概要

注文住宅とは設計の段階から施主の希望や意見を反映させた形で家作りを行っていくことができるタイプの住宅です。不動産業者が扱う住宅の多くはすでに建てられている物件を販売している建売住宅と呼ばれるタイプです。
注文住宅はこうした建売住宅にはないさまざまなメリットを備えている点が人気を得ています。
最大の魅力はなんといっても自由度が高い点でしょう。家族の人数や希望の併せて部屋の数や間取りを決めることができますし、人気の高い吹き抜け構造や断熱性、機密性に優れた構造など、こだわりを随所に盛り込むことができます。建売住宅の場合、家族全員をすべて満足させる物件と出会えることは非常に少なく、良くも悪くも妥協したうえで最終的な判断を下すことになることがほとんどです。
それに対して注文住宅では妥協を排除して家作りに徹底的にこだわることができます。 また、将来性を考慮した家作りができる点も見られます。たとえば将来子どもが大きくなった時に個室を用意できるよう仕切りが作れるような作りにしたり、逆に子どもが独り立ちしたときのことを考えて仕切りを撤去できるような工夫もできます。さらに両親との同居、あるいは本人が高齢になった時に備えてバリアフリー環境が導入しやすい間取りや構造にするといった工夫もできるのです。その分リフォームにお金をかからなくなるなどのメリットも期待できます。 あとはデザイン面。有名な設計士に依頼するなどセンスのいい、個性的なデザインの家作りを実現することができるのも注文住宅ならではです。 ただし、こうしたメリットに対してデメリットもあります。まず建売住宅に比べて費用がかかる点。こだわればこだわるほどお金がかかります。ただ、徹底してローコストにこだわることで逆にコストを抑えることも可能ですので注文住宅に何を求めるかによっても違いができます。それから実際に建物を見た上で確認できる建売住宅に比べて設計段階からはじめる注文住宅は実際に建てた後でなくては最終的な確認ができない点もデメリットです。こうした点も考慮したうえで失敗しない注文住宅作りが求められることになります。

新着情報

  • 8月24日 ブログ更新
  • 8月17日 ブログ更新
  • 8月9日 ブログ更新

▲pagetop